投資マンション経営 不動産投資 訪問販売 押し売り クーリングオフ 契約解除・破棄 手付解除・放棄 申込み撤回 キャンセル

投資マンションよくある勧誘 よくある質問 依頼の流れ
クーリングオフできなくても ページ一覧 運営事務所
当事務所は、業者にも知名度の高い、マンション経営・不動産投資の解約手続を専門とする、行政書士事務所です。
16年目 5000件 の解約実績。マンション経営・不動産投資・マンションの押し売り・訪問販売等、不動産解約の専門事務所として豊富な経験があります。
マンション解約のご相談は    夜間も電話対応
 投資マンション  よくある勧誘の手口
 投資マンション  よくあるクーリングオフ妨害
 悪質なマンションの押し売り・訪問販売
 現在勧誘中。次回の約束を断りたい。申込みを撤回したい。
  本契約をさせられる前に、何とか断りたい。キャンセルしたい。
 投資マンションの解約は、必ず内容証明郵便で!
 クーリングオフできなくても、手付解除の可能性があります。
  違約金20%を払わずに解約できるケースは多数あります。
  手付解除・手付放棄  まだ手付金を払っていなくても
投資用マンション・不動産経営のクーリングオフ・手附解除等、解約手続きは、専門性が求められます。契約金額が大きいだけに、再勧誘など事実上の迷惑行為も予想され、専門性・経験・実績が重要となります。
内容証明郵便で解約手続きを行うことは当然ですが、その後の実務上の解約処理もあります。さらに、重要な点は、その後の事実上の迷惑行為による再勧誘に対する注意です。
法律的には、内容証明郵便による通知書のみで、申込撤回・契約解除の法律上の効力は生じますが、業者によっては、その後の社内的(実務上)の解約処理として別途、書類を交わす事があります。
また、その後の事実上の迷惑行為(架電・訪問・押し掛け・待ち伏せ・呼び出しなど)に対する注意点など、経験豊富な実績から具体的に詳しくご説明しております。心理的な不安などにも24時間対応しています。
悪質な多数の投資マンション業者に対応してきた当事務所の豊富な経験が解決に導きます。
自分で対応しようとしても、自分で内容証明郵便を送っても、再度、呼び出され・押し掛けられ、再び説得されてしまうケースが少なくありません。当事務所の経験や迅速な事務処理が役立ちます。
自分で断ろうとしたら、担当者から何度も電話がきた。どう対応したらよいのか。
業者が物凄い勢いだった。自分1人では対処できない。
そもそも、自分の契約がクーリングオフできるのか、よく判らない。
数千万円もの投資マンション。失敗は絶対に避けたい。専門家に任せたい。
通知書を送った後は、どう対応すればいいのか。自分では判らない。
  悪質投資マンション商法 よくある勧誘の手口
 投資マンション勧誘  1  執拗な勧誘のはじまり
 投資マンション勧誘  2  会う約束をさせられる
 投資マンション勧誘  3  担当者と直接会う
 投資マンション勧誘  4  自宅・職場での契約
 投資マンション勧誘  5  飲食店での契約
  悪質投資マンション商法 よくあるクーリングオフ妨害
 投資マンション  よくあるクーリングオフ妨害
 投資マンション  クーリングオフ よくある失敗
投資マンション(マンション経営)の契約は、数千万円もの高額な契約です。
クーリングオフしようとしても、担当者から強硬な態度をとられたり、妨害を受けるケースが多く見られます。自分で内容証明郵便を送っただけでは、担当者の勢いが止まらないケースも少なくありません。
  悪質なマンションの訪問販売の事例
 悪質なマンションの訪問販売・押し売り 1
 悪質なマンションの訪問販売・押し売り 2
アンケートを装って自宅を訪問し、新築マンションや中古マンションの購入を強引に進める、「マンションの訪問販売」 「マンションの押し売り」。担当者が自宅に居座ったり、自宅に直接押しかけてくるので、対応は簡単ではありません。
  投資マンション契約の注意点
 投資マンション 契約の注意点
マンション投資は、総額で数千万円の投資です。費用対効果、ローン金利負担など、慎重な検討が必要です。
 クーリングオフの注意点
クーリングオフには、「申し込みの撤回」も含まれます。まだ申し込みの段階であっても、注意を要します。
  投資マンションを契約させられる前に、何とか断りたい
 契約させられる前に、何とか契約を断りたい
  申込みを撤回したい 契約せずにキャンセルしたい。
既に何度も担当者に会ってしまい、いまさら断ることが出来ない状況に陥っている場合。既に申込書にサインをさせられてしまっている場合。
自分ひとりで断ることが困難な状況に陥っている場合は、当事務所にご相談下さい。当事務所からの迅速な解約手続き(状況に対し的確・詳細な内容証明郵便による通知書)で対応します。
  投資マンション商法 契約させられてしまった場合の対処
 投資マンション経営商法 対処の流れ
 クーリングオフ手続は必ず内容証明郵便で!
投資マンションのクーリングオフは、証拠の残り難いハガキではなく、必ず内容証明郵便で手続を行います。しかし悪質な投資マンション業者は、自分で内容証明郵便を送っただけでは、勢いが止まらない事があります。
投資マンションの解約で重要なことは、勢いの止まらない業者や担当者に対し、いかに対処するかです。内容証明郵便を送って、それで終わりではありません。その後の実務上の解約手続きもあります。
16年間、5000件を超す当事務所の豊富な経験、的確な手続が役立ちます。
 クーリングオフ よくある質問
  クーリングオフができない場合でも
 事務所・物件で契約をさせられ、クーリングオフできない場合でも
 もしクーリングオフができなくても
投資マンション契約(マンション経営)の解除は、クーリングオフだけではありません。クーリングオフの対象とならなくとも、「手附解除・手付放棄」 による法定解除権があります。
しかし、手付解除の場合でも、投資マンションの悪質な担当者は、「既に契約の履行に着手している。違約金として売買代金の20%を払ってもらう必要がある」などと、  解約妨害をしてくることがあります。
手付を全く払っていない(手付0円)、又は未払いの場合でもご相談下さい。
  手附解除にも期限があります
【重要】 手付解除による解約は、いつまでもできる訳ではありません。
手附解除にも可能期間に制限があります。手遅れにならないよう、早めに当事務所にご相談下さい。
 手附解除・手付放棄による解約手続きも内容証明郵便で!
手附解除においても、契約解除の意思表示は、内容証明郵便により、明確に残す必要があります。担当者に直接、電話をする事は避けましょう。解約妨害や再勧誘、時間稼ぎを受けるケースがあります。
手付解除は、契約解除後の事後処理(実務上の解約手続)が必要となります。当事務所にお任せ下さい。
手付を全く払っていない(手付0円)、又は未払いの場合でもご相談下さい。
 投資マンション 私的年金   手付解除 手付放棄  ローン特約
 違約金・解約金  内容証明郵便  申込みの撤回
マンション解約のご相談は    夜間も電話対応
運営事務所
マンション解約のご相談  日本全国
夜間も電話対応 365日
クーリングオフ 依頼の流れ
クーリングオフ よくある質問
クーリングオフの注意点
クーリングオフ以外の解約
契約の注意点
契約をしたくない
手続は必ず内容証明郵便で
手附解除も内容証明郵便で!
クーリングオフできなくても 依頼の流れ 運営事務所
よくある質問 ページ一覧
Copyright2001 投資ワンルームマンション・不動産投資・経営のクーリングオフ解約代行 xml 無断転載・無断複写を禁じます