新築分譲マンションの訪問販売、押し売り、住宅購入、不動産売買契約の契約解除 手付解約 キャンセル、手付放棄 手付解除

行政書士による、投資マンション解約、クーリングオフ手続代行
TOPに戻る 投資マンションよくある勧誘 依頼の流れ
ページ一覧 クーリングオフできなくても 運営事務所
マンション解約のご相談は    電話対応 24時間
悪質投資マンション商法 よくある勧誘の手口
マンションの訪問販売 1 クーリングオフ以外の解約
マンションの訪問販売 2 事例ページ 一覧
   マンションの訪問販売 事例 1
資産運用マンションの電話セールス以外にも、悪質な不動産売買契約として、

アンケート名目で自宅を突然訪問してくる
新築分譲マンションの勧誘 中古マンションの押し売り

についてのご相談が寄せられています。

ワンルームマンションが中心の 「資産運用マンションの勧誘」 とは異なり、その多くが、「自己居住用の新築分譲マンション」 についての勧誘となります。また、

担当者が自宅に長時間居座り、帰ってくれない。
深夜まで強引な説得を受けてしまった
なんとか売買契約を解除したいが、
繰り返し自宅に訪問を受けてしまうため、断れない
モデルルームや事務所に連れ出されて契約したため、
クーリングオフできないと言われた

という、強引な勧誘、押し売りまがいの勧誘についてのご相談が目立ちます。

勧誘のきっかけとしては、大きく分けて2つのタイプがあります。

突然の訪問販売
分譲マンションの周辺住民を中心に狙う、突然の訪問販売
電話の後、直接訪問
事前に電話を掛け、住宅ローンが組めそうな相手かどうか
個人情報を聞き出し、狙いを定めてから直接自宅訪問する

契約を断ろうとしても、繰り返し自宅に訪問してくるため、注意を要します。
勧誘のきっかけ
新築マンションの周辺住民を狙い、突然訪問してくる
主なターゲットは、当該新築物件周辺の賃貸マンションに居住している方です。

住宅ローンが組めそうか事前に所得状況を探る
アンケートや不動産相談を装い、とにかく年収や勤め先、貯金の額、借り入れ状況を聞き出そうとします。
自宅に入り込み執拗に勧誘する
住宅ローンが組めそうだと判断した場合、説明や案内の名目で自宅に上がりこみ、「家を持つべきだ」などと長時間勧誘を行う。申し込みに同意するまで帰らない。
自宅という、ある意味で密室の状態を利用。断っても、繰り返し訪問を受けてしまうことも。
説得完了後、営業所やモデルルームに連れ出す
自宅での説得が完了すると、「物件を見て欲しい」などと、近くにあるモデルルームや営業所に案内し、その場で契約書にサインさせられることに。
営業所等で申込みをした場合、クーリングオフ制度の対象から外れるため、この手法を好む業者が少なくありません。

セールストークのポイントは、

いつまでも賃貸マンションに住むのは間違っている
このまま一生借家住まいを続けるつもりですか?
将来のことを考えて、持ち家にすべきだ
これは、あなたのためなんです
私は親心で持ち家にした方がいいと言っているんです

という、親切の押し売り、説教めいたお為ごかしのセールストークです。

契約を断ろうとしても、「自分の人生に無責任だ」「甲斐性が無い」「甘えている」などと人格否定をされるため、「契約を断るのは悪いことだ」という雰囲気になってしまいます。

自宅という、ある意味で密室の状態を利用され、執拗で強引な説得が続きます。申し込みに同意するまで、担当者が何時間も居座ることも多く、昼から深夜まで居座り続ける悪質なケースも見られます。

また、契約を断り続けているにも関わらず、申し込みに同意するまで、毎日のように繰り返し自宅を訪問してくるケースや、担当者が勤務先の出入口や自宅前で張り込みを行い、しつこくつきまとうケースも見られます。

既に自宅や勤務先を知られており、既に何度も訪問を受けていることにより、「断っても、すぐにまた訪問してくる」「また自宅に居座られる」という精神的な圧迫を感じ、だんだんと断ることが難しい状況に追い込まれていきます。

よくある勧誘
ある日、突然自宅に訪問者があった。

「住まいについてのアンケートを行っています。住宅の購入に興味はありませんか?金利優遇制度や住宅ローン控除など、住まいの疑問にお答えしております

「ドア口では説明が難しいので、詳しくはお部屋の中で説明させていただきます」

などと言われた。

ドア越しに話すのも何なので、とりあえず部屋に入ってもらうことにした。

部屋に入ると、担当者は書類を広げ、不動産についての説明を始め、自分の年収や貯金、勤務先など、根掘り葉掘り質問を始めた。

「いま賃貸マンションにお住まいなんですね?」
「月の家賃はいくらですか?」
「・・14万円ですか」

「ご存知ですか?家賃14万円を20年間払い続けると、更新料も含めて、およそ3500万円になるんですよ。もちろん、この14万円は払ったきりで、後に何も資産は残りません。でも、3500万円も払うなら、新築マンションを購入した方がずっとお徳ですよね?」

「月々の住宅ローンも、家賃14万円よりも安く抑えることができます。家賃を払うよりも、家を買って住宅ローンの支払いに充てた方がいいですよ」

「安定した収入や、社会的信用のある方なら、住宅ローンを組むことが出来ます。いまは金利優遇制度が利用できますし、住宅ローン控除などもありますから、このまま家賃を払い続けるのは損ですよ。本当にもったいない」

「いま年収はどれくらいありますか?」

「仮に住宅ローンを組むとしたら、頭金が必要ですが、貯金はどれくらいありますか?何かローンや借り入れはありますか?」

「・・そうですか。それであれば、十分住宅ローンを組むことが出来ますね」

「借家で家賃を払い続けるのは、本当に損なことなんです。このままずっと賃貸マンションに住み続けようとお考えですか?それとも、将来持ち家をお考えですか?」

などと、担当者から、「賃貸か、持ち家か」と問い質された。

自分としても、将来的いつかは住宅を購入することを考えていたので、「持ち家です」と答えたところ、

担当者からは、

「もちろんそうですよね。住宅購入は、人生設計の基本中の基本です。このまま漫然と賃料を払い続けることは、本当に損なことなんです」

「住宅を購入することで、人生の基盤が定まりますし、一国一城の主として、自分自身に対する責任感も変わってきます。老後の不安を早めに取り除くことで、仕事にも打ち込める筈です」

「住宅の購入は大切なことですので、日を改めて、詳しく説明させていただきます。次回、いつなら時間がとれますか?明日のお昼頃ではいかがですか?」

などと告げられ、明日もう一度説明を受けることとなった。
 マンションの訪問販売 事例 2 へ進む
 もしクーリングオフができなくても
マンションの訪問販売 1 クーリングオフ以外の解約
マンションの訪問販売 2 事例ページ 一覧
クーリングオフ・手付解除の手続代行
投資マンション・投資不動産は、しつこい勧誘もさることながら、クーリングオフ・手付解除を申し出た後の再勧誘・クーリングオフ妨害も目立ちます。
数千万円もの不動産契約においては、内容証明郵便によるクーリングオフ手続、契約解除意思の明確化、意思表示の立証が強く求められます。
また、金額が大きいだけに、再勧誘・クーリングオフ妨害も多発します。担当者からの再説得・しつこい再勧誘への注意も必要です。
自分独りで対処するよりも、経験豊富な当事務所へご相談下さい。
法律的には、内容証明郵便による通知書のみで、申込撤回・契約解除の法律上の効力は生じますが、業者によっては、その後の社内的(実務上)の解約処理として別途、書類を交わす事があります。

また、その後の事実上の迷惑行為(架電・訪問・押し掛け・待ち伏せ・呼び出しなど)に対する注意点など、経験豊富な実績から具体的に詳しくご説明しております。心理的な不安などにも24時間対応しています
マンション解約のご相談は    電話対応 24時間
運営事務所
マンション解約のご相談 日本全国
深夜も電話対応 24時間 365日
クーリングオフ 依頼の流れ
クーリングオフ よくある質問
クーリングオフの注意点
クーリングオフ以外の解約
契約の注意点
契約させられる前に断りたい
手続は必ず内容証明郵便で
手附解除も内容証明郵便で!
行政書士による、投資マンション解約、クーリングオフ手続代行
クーリングオフできなくても 依頼の流れ TOPに戻る
事例ページ 一覧 運営事務所
投資ワンルームマンション 不動産投資 経営のクーリングオフ解約代行 マンション解約  無断転載・無断複写を禁じます