TOPに戻る 投資マンションよくある勧誘 依頼の流れ
ページ一覧 クーリングオフできなくても 運営事務所
マンション解約のご相談は    夜間も電話対応
クーリングオフ解約代行依頼相談

下記記載事項を、メール・又はファックスで送ってください。

ご注意
・匿名(氏名・電話番号・住所の無い)の相談はお受けしていません。

・深夜24時以降は、朝7時からのメール返信となりますので、お急ぎの場合には、まず、お電話をでお願い致します。
メール・ファックスに記載する事項 (分かる範囲で結構です)

1.契約の経緯とご相談:(時系列に沿って詳しくお願いします。)

例)
○月○日 勤務先に電話があり・・、
自分からモデルルームを見に行って・・
○月○日 どこで、何を契約した。

その際の業者の説明・行動を詳しく。これに対するあなたの対応

その後の状況

2.契約日:  年  月  日
  (契約の前に申込書を書いた場合は申込日も)

3.受領した書面:契約書/重要事項説明書

4.受領した書面にクーリングオフの記載あり/なし(記載した契約場所)

5.申込場所・契約場所:
  不動産業者事務所/モデルルーム/自宅/勤務先/飲食店

6.契約内容:マンション/戸建て/中古物件/

7.契約金額総額:¥

8.支払済申込金・手付金の金額:¥

9.業者に渡した書面:印鑑証明/納税証明/住民票/その他

10.契約書記載の売主名:

  売主は不動産業者か否か:
  住所:
  電話番号:  FAX番号:
  代表者:
  担当者:

11.販売代理店(ある場合):
  住所:
  電話番号:  FAX番号:
  代表者:
  担当者:

12.相談者名
  契約者との関係

13.契約者名:
  契約者住所:〒  
  電話番号:  FAX番号:
  メールアドレス:
  年齢:

14 当事務所からの連絡方法のご希望:
   たとえば、電話を希望、できるだけメールを希望、など。

15.どこのサイトで検索しましたか?(yahoo・Google・その他サイト名)
   検索したキーワードは何ですか?

  メールアドレス : e@mjimu.com
  ファックス番号 : 048-726-1911 
   ファックスはコンビニから送れます。
マンション解約のご相談は    夜間も電話対応
運営事務所
マンション解約のご相談 日本全国
夜間も電話対応 365日
クーリングオフ 依頼の流れ
クーリングオフ よくある質問
クーリングオフの注意点
クーリングオフ以外の解約
契約の注意点
契約をしたくない
手続は必ず内容証明郵便で
手附解除も内容証明郵便で!
クーリングオフできなくても 依頼の流れ TOPに戻る
事例ページ 一覧 運営事務所
Copyright (C) 2001 投資ワンルームマンション・不動産投資・経営のクーリングオフ解約代行 無断転載・無断複写を禁じます